建築業者を決めるポイント

建築業者はコストと設計自由度で決めると良い。設計自由度を重視するのなら、独創性のあるデザインを提案してくれる設計事務所が良い。確かに、設計事務所にデザインを頼めば、斬新なものを出してくれることが多い。しかし、その分だけ費用が発生してしまう。また、デザインを重視するあまり住みにくくなってしまったというケースも少なくない。生活動線や間取りの使いやすさなどをチェックしておく必要がある。その点、工務店はデザイン性には期待できないが、コスト面と居住性に加えて、地域密着型ならではのアフターサービスが充実しているのがポイントだといえる。会社の規模が大きいハウスメーカーも、アフターサービスが安心して受け入れられるメリットがある。設計業者はコストと設計自由度のバランスをあらかじめ決めておき、その範囲内で選択するのが無難である。また、設計事務所は設計士との相性も大事である。設計士の中には、まだ若くて経験が浅くて現場の状況を理解できない人もいる。事前に経験が豊富な設計士かどうか確認して、その人に任せるのがベターか見極める必要がある。よく打ち合わせられないと、要望とかけ離れてしまうことがあるので、根気強く話し合うことが大事である。