契約

できるだけ住宅をお得に買うために契約前の価格交渉は購入前提で行うと効果的である。交渉の第一歩は希望価格の提示からである。購入の意思を示さなければ交渉には応じてもらえないので、まず購入の申し込み書を提出し、本気で購入する意思を売り主に示す必要がある。その際に売り出し価格よりも安い金額を購入希望価格として記入するのがポイントとなる。長期間売れ残った物件や、区画の中で数か所だけ売れ残った物件は、価格交渉に応じてもらえる可能性がある。購入の意思があれば、交渉成功の可能性が上がる。価格交渉にもマナーがあり、買うか買わないかで迷っているようないい加減な気持ちで臨む交渉はマナー違反である。売主や不動産仲介業者に対して失礼にあたる行為であることを理解しておく。購入の意思があることを示すために、書面での交渉から行う。売り主が、交渉の最低賃金額を定めている場合もあるので、土地の不動産の相場を把握するなど予習も必要である。中古物は、適正価格をベースに交渉する。中古の戸建ては、売り主が個人の場合がほとんどないので、土地の相場より高いケースもある。レインズ等で公開されている取引事例を参考に適正価格を調べて、相場になるまで交渉する。いずれの場合も不動産業者との信頼関係を作っておくことが大事である。まだ購入するのが先であっても、前もって相談し、取引事例をもらえる関係を築いておくとスムーズに交渉が進みやすい。