パートナー選び

 注文住宅は、パートナー選びがキモになってくる。ハウスメーカーは、価格帯が幅広く、設計・施工でも安心である。様々な住宅商品を揃えてあり、リクエストにピッタリと合う住宅を提供する。部材、建材はマスプロダクトなので、施工レベルは一定水準である。アフターサービスも充実している。工務店は、地域密着型スタイルでオーソドックスな家を作る。工法は昔ながらの木造軸組が中心である。例えば、自然素材や木材にこだわった家を建てる工務店もある。地域密着型でアフターサービスも万全である。設計事務所は、設計の自由度が高く、こだわり派にはおススメである。業務内容は、設計と工事監理で、施工は工務店に別途依頼する必要がある。設計監理費がかかってやや割高であるが、デザインや間取りは独創性があい、建て主を満足させてくれる。注文自由宅はスケジューリングも大事である。マンションや建売り住宅とは違い、注文住宅は、綿密なスケジュールを立てる必要がある。情報収集や資金計画などの準備に1ヶ月から3か月、敷地調査、見積もりなどの設計までに1ヶ月から6か月、そして地鎮祭から着工や上棟式を経て引き渡しまでの竣工期間に4ヶ月から1年と見ておく。コストは設計事務所が高めで、工務店は割安な場合が多い。最近でハウスメーカーでもコストの低い注文住宅が登場していたり、一方でハイクラスな注文住宅を提供する工務店もある。価格差はあいまいになっているが、設計事務所が割高であうことには変わりがない。設計自由度は設計事務所→工務店→ハウスメーカーの順に高い。全ての項目で平均点を獲得するハウスメーカーが最も無難な選択といえる。