「契約」は最重要ポイント

一戸建ての契約は「土地」「設計」「工事」で必要である。契約時の注意点として手付金を現金または小切手で支払うことと土地売買から3か月以内で工事契約を求められるという2つの点がある。また、契約をする際に疑問は何でも聞いてスッキリした気分で契約をする。契約の1週間前には、説明を受け、内容を確認したうえで契約を締結することが、後々のトラブルを回避するための必須事項である。しかし、支払いは1度では終わらない。工事請負契約は支払い回数に注意する。施工業者によって見積もりのタイプが異なる。設計事務所は相見積もり、工務店は工種別見積もり、ハウスメーカーは部品別見積もりである。見積書に納得したら、工事着手金と呼ばれる手付金を支払い、残りは上棟式の際に50%、完全引き渡し時に2030%を支払う。少しでも疑問や不安がある場合はその都度確認をする。