注文住宅のプランニング

より希望の家に近づけたいのなら、注文住宅が向いている。建売住宅のメリットは、購入してすぐに入居が可能、モデルルームで仕上げや設備を確認できうr、注文住宅よりも割安に購入できる、間取りが標準で売却しやすいという点があげられる。しかし、外観や内装の好みは妥協が必要であり、設備を事前に組み込むことができない。また、工事の状況を見るのが難しい点やライフスタイルに間取りを合わせられないというデメリットもある。注文住宅は、外観や内装を好きにデザインすることが可能である。また、工法や建材、部材、設備が自由に選べられる。設計施工パートナーも選び放題だし、間取りをライフスタイルに合わせられるといったメリットがある。一方で、費用はコントロールできるが、割高になりがちである。さらに、設計から竣工までに時間がかかってしまい、あまり個性的な作りだと、売却が難しい。土地がないと購入に手間がかかる場合もある。予算を調整して、自分好みの家をイメージしてみる。全てにこだわりすぎると、出費がかさむことになる。建売住宅に比べ、購入費用は高くなるが、コストを抑えるコツはある。それは、無駄な注文をしないことである。こだわりのない部分は一般的な設備にすることでコストを抑えることができる。その分こだわりが強い部分にお金をかけることができるので、「ここだけはゆずれない」というこだわりの部分をあらかじめ決めておくとよい。